業務委託手数料の留意点

フリーランスとして仕事をしていると、「自由に仕事が出来て、羨ましい」と言われることも多いでしょう。
実際、フリーランスになったことで、企業勤めをしていた頃と比べると、仕事への向き合い方が変わった方も多いと思います。しかし、実際には業務が増え、「時間が足りない」と感じている方も多いはず。
では、フリーランスとして仕事をしている方の業務委託手数料の留意点について、ご紹介しましょう。

フリーランスとして仕事をしている方は、いくつかのクライアントと業務委託を結びながら仕事をしている方も多いでしょう。そんな方は、成果物を納品する毎に報酬を受けていると思います。報酬を受け取る際には、消費税が含まれている方もいると思いますが、消費税が含まれている場合には源泉徴収の対象となりますので、処理の際に注意が必要。請求書に、報酬、消費税といったように明確に記載されている場合には、その報酬額に沿って源泉徴収を行っていくことになります。報酬を受け取った際には、消費税が含まれているのかどうかもチェックしながら、処理を行っていくことが重要。

万が一、処理を怠ってしまうと、後々税務署から連絡が来ることになりますから、手続きがより複雑となってしまう可能性があります。
分からない場合には、クライアントに消費税の扱いなどを確認し、正しい処理を行っていくようにしましょう。
このように、ITフリーランスとして仕事をしている方は、業務委託手数料に関して気を付ける必要があります。特に報酬額に消費税がかかっている場合には、処理時に注意が必要。
「処理方法が分からない」という方は、税務署や税理士の方、経理に詳しい方などに事前に確認しておくと良いですよ。

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です